プロの視点

自動車の処分では中古車買取業者の買い取りが人気ですが、その他にも下取り、個人売買、廃車などの処分方法もあります。
下取りは車の買い替えを検討している時にお勧め、個人売買は自分の希望価格で売却したい時にお勧め、廃車は愛車を完全に廃棄したい時にお勧めです。
自動車の状態、売却価格、手間、リスクなどを踏まえて、自分で最適と思う手段を選ぶことができます。
ちなみに中古車買取業者が人気と言いましたが、各方法のメリット・デメリットを考えた中で選ばれている手段ですので、最もお得感があるということが言えるでしょう。
買い取りなら中古車でも廃車でも買取可能、業者との取り引きなので手間もリスクも最小限、また複数社を比較すること高価買取りも期待できます。

売却時に一番気になることと言えば売却価格でしょう。
売り方次第で数万円~数十万円の差額が生じるため、損をしたくないと思えば売り方を考えなくてはなりません。
一般的に見ると、一番高値で売却が期待できるのは個人売買です。
自分が売りたいと思った金額を提示することができ、後は交渉次第ですのでいい値を通すことも可能です。次いで買い取りです。

中古車買取業者は数多く存在するため、複数社に査定をしてもらい、その中で一番高値を付けてくれた業者を選ぶことができます。
そして下取りです。
最近は買い取りとあまり差額は無くなってきていると言いますが、買い取りを超えるのは難しいでしょう。
廃車はむしろお金を払って処分しなくてはならないので、こちらは最終手段として考えてみてください。